ポストカードの印刷

博物館の印刷物について

ミントのペンキ

博物館で使われる印刷物 

博物館や美術館などでも、印刷物が使われている場面を多く見ます。まず、展示会開催を宣伝するためのポスターやチラシなどの広告です。これは駅やコンビニなどの人の目に留まりやすい場所に貼られるので、斬新だったりオシャレだったりと、思わず注目してしまうような面白いデザインのものが多いです。展示会に入場すれば最初に渡されるのが、パンフレットとチケットです。これも人によってはコレクションしている場合があるほど、デザイン性に優れています。展示会場の中でも、多くの印刷物を目にします。順路を案内する表示、写真撮影や飲食の禁止を告げる表示、年表や概要が書かれたパネルなどです。最後にミュージアムショップに行くと、展覧会の図録にポストカード、しおりやノートなどのミュージアムグッズを購入することができます。

博物館のポスターやチラシ 

毎日宅配される新聞を開くと、ほとんど毎回チラシが挟まれています。スーパーのチラシや化粧品の宣伝、また不動産広告など色々ですが、しっかりと見ないで捨ててしまう人が大部分でしょう。ところが、一目見た途端、おやっと目を惹かれるチラシが入っていることがあります。美しい写真や絵が画面いっぱいに印刷されている、美術館や博物館での展覧会のチラシです。パンフレットやカタログで使われるような精巧な印刷技術で刷られた絵や写真を見ると、思わず観に行きたくなるものです。また美術館や博物館に行った時、映画館のように、そこに置かれている他の展覧会のチラシやパンフレットを持ち帰って、コレクションをする人も少なくありません。

ポスターの印刷の情報

新着情報